ベルタ葉酸はいつまで飲む必要があるの?

ベルタ葉酸はいつまで飲む必要があるの?

葉酸は妊娠中の胎児の先天性異常を予防するために必要不可欠な要素と言われています。
妊娠中に飲み始めてもいいのですが、最も良いのは妊活を始めようと決めた日から飲み始めることだそうです。
では、妊娠がわかってからでは遅いのか?
それについて、ベルタ葉酸のアンケートを見てみましょう。

 

ベルタ葉酸のアンケートによると、じつは半分の方が妊娠がわかってから、さらには授乳中などから葉酸サプリを飲み始めているということ。赤ちゃんを産む前だと、妊娠がわかってから飲み始めた人は46%になります。
確かに妊活をスタートした時から飲み始めるのが最も良いとされていますが、妊娠がわかってからでも全く遅くはありません。
赤ちゃんのためだけでなく、早産や流産のリスクも軽減する効果があるので妊娠がわかってからでも気づいた時にすぐに摂取をスタートしましょう!

 

葉酸が最も必要なのはいつ?

赤ちゃんはいつ授かるかわかりませんよね。
なので、赤ちゃんが欲しい!と考え初めて妊活をスタートした時期から飲み始めればいつ赤ちゃんができても問題ありません。
赤ちゃんができる前から葉酸は必要な栄養素ではありますので、日常生活から取り入れていても全く問題ありませんし、赤ちゃんがいつでもOKなように準備しておくのはママとしても大切なこと。
それはわかりましたが・・・でも実際、いつからいつまでが葉酸は最も重要なの?素朴な疑問ですよね。

 

いちお葉酸が最も重要な時期は、目安として厚生労働省より妊娠前から妊娠3ヶ月までと推奨されています。
妊娠してからの3ヶ月間は、胎児の脳や脊髄といった重要な部分が成長する時期であり、特に奇形のリスクを減らす時期だとされているからです。
妊娠に気づくのが遅い場合は既に3ヶ月を過ぎている場合もありますよね。そういった場合でも葉酸は摂取した方がいいですし、またそういった気づくのが遅くなってしまう前にという意味では妊活をスタートする時に合わせて葉酸を飲み始めるのが最も効果的ということになりますね。

 

いつまで飲み続けるのがいいのか?

葉酸は赤ちゃんのために少しでも早く飲み始めるのがいいとされていますが、では終わりはいつなのでしょうか。
赤ちゃんが生まれるまで?それとも4ヶ月目からはもう飲まなくても良い?
どちらもNO!です。
葉酸は、赤ちゃんが生まれた後、授乳中も飲み続ける必要があると言われています。
授乳期は赤ちゃんに栄養を与えるのは母乳ですよね。そのため、どうしてもママの体内で葉酸が不足しがちになります。ママの葉酸が不足すると貧血になりやすくなったり、めまいが起きたりとママの体調不良にもつながります。

 

厚生労働省は産後・授乳期間は1日に340マイクログラムを推奨量とし、そのうち100マイクログラムはサプリ等で摂取することが好ましいとしています。
つまり、産後・授乳期も葉酸は必要ということですね。

 

葉酸は、胎児だけでなく、産後のママの体調や傷ついた子宮の回復を促す効果もあります。
まとめると、葉酸は妊活をスタートした時期から授乳期がすぎるまではサプリメントとして飲み続けた方がいいということ。
しかし、決してこれは必ず必要なわけではなく、妊娠に気づいた時には既に4ヶ月になっていたとしてもそこから飲み始めることで十分間に合います。むしろ、手遅れだと思って飲まないことの方が怖いので、既に妊娠している方でも気づいた時からスタートすることをオススメいたします。

 

 

page top